紫外線からお肌を守る

太陽光線には、可視光線、赤外線そして紫外線と3つの光線に分類されます。
中で、紫外線(UV)がは、他の光線よりも波長が短く、その中でも波長の長さで、長い方からUV-A、UV-B、UV-Cと分類されます。
一番短いUV-Cは、オゾン層で吸収され、地球上には届きません。
一番長いUV-AとUV-Bが地上に到着し、様々な影響を与えます。
UV-Aはほぼ9割が地表に到達し、また、波長が長いため、ガラス思通過し、家の中にも届いてしまいます。
お肌に対しても、表面だけでなく、奥の真皮にまで到達し、影響を与えます。
真皮には、コラーゲンやエラスチンなど、肌を支え、弾力や形を保という第二な役割があります。
UV-Aは底部分にダメージを与え、お肌の弾力やハリを失わせたりします。
また、メラニン色素の合成を促すため、肌がだんだんと黒くなったり、しわやたるみを生じさせたりもするのです。
UV-Bは、お肌表面に対して急激な炎症を引き起こします。
細胞を損傷させ、火傷の様に赤くなったり、メラニン色素の沈着を起こしたりします。
いわゆる日焼けの症状ですね。
紫外線を多く浴びると、その刺激から肌を守るために表面の角質が厚くなる角質肥厚という状態になり、肌のキメが荒く、カサカサに乾燥してしまうんです。
化粧水などのなじみも悪くなり、肌を守るバリア機能も低下し、外からの刺激をさらに受けやすい状態となってしまうわけです。
日々の対策が重要視されているのは、深刻なダメージになるのを防ぐためなんですね。

日焼けはどうして肌に悪いのか

紫外線はお肌の表面だけでなく、深くまで届き、弾力を失わせてしまうなどのトラブルにまでつながることがあります。 お肌に吸収される前にガードしておくことが大切です。 基本的なケア方法は、日焼け止め効果のあるクリームなどをこまめに塗ること。 でも、においや質感が苦手、という方もいらっしゃいます。

日焼け止めが苦手な場合

紫外線からお肌を守るためには、直接肌に塗る日焼け止めが効果的です。 でも、肌が敏感だったり、においや日焼け止め特有の肌ざわりなどが苦手、という方も実は少なうありません。 お肌を守るためには日焼け止め対策は必須ですので、他にどのような対策ができるのでしょうか。

外出した後のケアも大切

日焼け止めや日傘や手袋でUVケア対策を講じていたとしても、100%日焼けを防げたと安心するのは甘いでしょう。 中りなく、アフターケアを心がけることで、美肌対策は完了します。 また、日頃からお肌の日焼けをケアしてくれる効果のある食品を摂取し、身体の内側からケアしておくことも大切です。